top of page

アルバータ州政府、カルガリー-バンフ間の鉄道案を断念


運輸大臣、リスクは高すぎ、提案は非現実的と発言


アルバータ州カルガリー発】アルバータ州政府は、カルガリー-バンフ間の旅客鉄道運行計画について、財政リスクが大きすぎるとして、現在のままでは支援しない意向であることが明らかになった。


グローブ・アンド・メール紙によると、アルバータ州運輸大臣のプラサド・パンダ氏は、この計画は資本コストと州からの年間財政負担を過小評価しており、利用者を過大評価し、運行開始時期も非現実的であるとしている。


バンフのスキーリゾートを所有し、同市の鉄道駅を長期リースしているリリコンキャピタル社は、このプロジェクトに15億ドルの費用がかかると見積もっている。アルバータ州には年間最大3000万ドルの支援を求めているが、最近、新たな利用者数からそれは不要かもしれないと述べた。

「カルガリー-バンフ鉄道路線案、支援求める...」トレインズ・ニュース・ワイヤー、2022年6月28日参照。

リリコン社は、パークス・カナダが鉄道システムの利用を促進するような政策を採用すれば、このシステムは年間1100万人の乗降客を集めることができるとしている。


パンダ氏は、鉄道システムのコンセプトは気に入っているが、現在のところ、「アルバータ州の納税者にすべてのリスクを転嫁している」と言う。Liriconと財務パートナーのPlenary Americasに書簡を送り、政府は「現実的な提案」を望んでおり、両社が財務リスクを引き受け、民間資本を調達すれば、その立場を再考する、と述べたという。


元記事はこちらから

Comentarios


Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ブログの更新をお知らせいたします。

メールアドレスを入力してください:

bottom of page