top of page

カナダの感染者数(新型コロナウィルス) 4月7日 夕方時点

カナダ全土

感染確認1028041(+7148) 患者62136(+1837) 回復者数942732(+5279)


アルバータ州

感染確認155476(+1351) 患者11464(+655) 回復者数142010(+695)

カルガリー市

感染確認51001(+482) 患者4432(+215)回復者46029(+267)

バンフ

感染確認527(+6)患者69(+5) 回復者458(+1)

キャンモア

感染確認270(+6) 患者41(+6)回復者227(+0)

ジャスパー

感染確認205(+1)患者12(+0)回復者187(+1)

死亡者数

カナダ全土 23173(+32)

アルバータ州 2002(+1)

カルガリー市 540(+0)

バンフ 0人(+0)

キャンモア 2人(+0)

ジャスパー 6人(+0)

一日の感染確認者数

オンタリオ州3215、ケベック州1270、アルバータ州1351、BC州997


陽性患者数

オンタリオ州27359(+791),ケベック州10795(+348),アルバータ州11464(+655)、BC州8868(+60)


4月8日よりオンタリオ州はロックダウンに入りました。

不要不急の外出の禁止などを求める、3回目の緊急事態宣言を発令しました。

カナダ全土に広がる第3波ですが、単に新規感染患者数や、陽性患者数の数字だけではなく、その主体となっているのが、変異種であるということになります。

これまでと異なり、若年層であっても、この変異種の罹患となると急激に容体の悪化によってICUに運ばれるケースや、入院が長引くケースが症例として報告されているようです。


アルバータ州でも、昨日の新規感染者数1351人のうち、570人あまりは変異種での感染であり、オンタリオ州と同様に変異種が主流になりつつある状況にあり、数週間後にはオンタリオ州と同じような状況を招く可能性があると考えられます。

特に、アルバータ州はカルガリー市やエドモントン市を中心に若い世代が多いことから、他の州や町に比べて陽性患者数が多くなっております。

若年齢であれば、重症化しにくいという変異型以前の情報のまま行動をしている人が多いことも考えられます。

気の緩みによって、変異種に罹患した場合は、若年層であっても重症化し、後悔しても後の祭りとなってしまうことが考えられるので、今一度new normalの実践が必要ではないでしょうか。



アルバータ州ワクチン接種について

3月30日より、新型コロナウィルスのワクチン接種について、新しいフェーズに入りました。

2005年から1957年生まれのアルバータ州民(16歳から64歳)で、対象となる高リスクの基礎疾患をお持ちの方となります。


































コメント


Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ブログの更新をお知らせいたします。

メールアドレスを入力してください:

bottom of page