top of page

ドラムヘラー観光 - 恐竜女子一人旅


世界三大恐竜博物館と呼ばれるロイヤルティレル古生物博物館。 この場所に来るためにカナダ旅行を決められた、恐竜女子一人旅のお客様をご案内。

恐竜女子歴は浅いらしく、ちょっとしたきっかけで、恐竜にはまったしまったのだとか。



ドラムヘラーの街に到着前にホースシューキャニオン。 今年からここの駐車場も有料となりました。


ここから見る景色は、それまでの農場の景色とは全く異なり、同じカナダの景色とは思えない景色。

荒涼とした景色がと突然目の前に広がります。

この景色の中で恐竜の化石が発見されたと思うと感慨深いようでした。

写真を撮られたり、ビデオを撮られたり。



フードゥー この奇岩の出来方にも興味をもっていらっしゃいました。


その殆どが雨や風によって風化し削り取られてしまうなか、偶然が重なってできるフードゥーはとても貴重な存在でもあると言えます。


お昼はいつものお店で。

アルバータ牛をつかったハンバーガー。

牛肉のうまみたっぷりで美味しかったですよ。


お客様はカナダに到着されてから、あまり美味しい食事に巡り合えていなかったようで、ここのお昼にとて満足されていらっしました。



ロイヤルティレル博物館に入った時から、感動されていました。

三大恐竜博物館の最も代表する博物館であるこの場所に来るのか夢だったようです。

恐竜の典型的な死のポーズの前でじっくりその様子をご覧になっておられました。

好きな恐竜の一つがT-REXなんだとか。 このブラックビューティーの前ではかなりじっくり、感動されながらご覧になっていらっしゃいました。

ここ最近で最も世界を驚かせた化石の一つがこれ。

ミイラ化石とでも呼んだら良いのでしょうか、骨格ではなく皮膚がそのまま残った化石。

しかも、素人が仕事中に発見したのだというから、このアルバータ州にはどれだけのまだ見ぬ化石が埋まっているのでしょうか。




これまでのお客様の中でも、最もじっくりゆっくり博物館をご覧になったお客様の一人でした。

ここまでで、2時間半以上かけてゆっくりご覧になっていらっしゃいました。


お土産を購入された後は、再度あの化石の前へ。


この日は何故だか、多くの博物館来場者がこのブラックビューティーの前を素通りでした。

目の前の椅子も空いていたので、ゆっくりこの化石の前で時間を過ごされていました。


気が付けば予定時間を20分オーバー



博物館を出たあとは目の前の丘の上へ。 博物館全体を見渡せる場所から、この博物館に隣接している、化石を保管している場所の大きさなどについてもご説明し、まだ見ぬ多くの掘り起こされた化石の多さを想像されていらっしゃいました。



結局カルガリーのホテルには、予定時間を1時間も過ぎて到着することになりましたが、お客様が充実した観光をお楽しみいただけたのであれば、私としても幸いです。

Comentarios


Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ブログの更新をお知らせいたします。

メールアドレスを入力してください:

bottom of page