top of page

カウボーイトレイル

カウボーイトレイルの視察に行ってきました。

道路の脇に牛がいるのが分かりますかね。牛や馬が当たり前にいます。

緩やかな丘陵地帯を縫うように、カウボーイトレイルが続きます。

全長574キロにも及ぶカウボーイトレイル。カルガリー近郊ではこの辺りが最もカウボーイトレイルらしい景色をご覧いただけます。

緩やかな丘陵地帯に牧場や農場が広がります。

この景色が北海道に似ているということから、アルバータ州は、北海道と姉妹州提携をしています。

北海道との違いは、遠くにロッキーを望むことができること?

ロッキー山脈に平行するように、カウボーイトレイルは続きます。

カウボーイトレイルにあるクールタウンと呼ばれる小さな街には、カウボーイを思わせる作りの見かけだけのお店ではなく、中身もちゃんとしたクオリティーの高いお店が並びます。

こんなお店があったり、

1950年代風のお店で、中はダイナー風。 お店の人も、1950年代を意識したような制服を着たりしています。

それはまるで、映画のセットの中に入ったような気分です。

これからのシーズンはパティオが大活躍。 パティオはとてもにぎわうでしょうね。

こんなパティオで地ビールを飲みながら、カウボーイの定番、ハンバーガーなんて良いかもしれませんね。

ウェスタンなお店があって、流石カウボーイトレイルという名前に負けない場所でした。

気になるお店の中は…

お店の中には、こんな物がありました。

ほぼ全てが、カルガリーやその周辺のクラフトやアーティストによるもの。

南アルバータを中心に活躍する方々だとか。

こんなに陶芸家が居るとは知りませんでした。

メープルのついている物だけがお土産ではありませんよね。

唯一無二のお土産も見つかるかもしれません。

1950年代を思わせるお店から、大手チェーン店には負けない、こだわりの食材を使ってのレストランもあり、とても面白かったです。

自家製牛によるハンバーガーは当たり前。

しかも、ホルモン剤などを使用せずに育てた拘りの牛肉を使ったハンバーガー。

脂身が少ないのでジューシーさは欠けますが、肉のうまみたっぷりのバーガーで、女性には食べるのが一苦労かもしれないほど、厚みのあるバーガーパテでした。

クオリティーの高い店とレストラン。

加えて、こだわりのドイツビールまでありました。

日本のビールはラガーが主流。 地ビールは基本的にはエール。

この違いが日本でのエールビールの市場での割合の低さになっているのだとか。

だけど、こだわりのドイツビールを作る地ビール屋さんには、2種類のラガービールがありました。

のど越しすっきりを味わうなら、やっぱりラガーですよね。

ドイツビールの基本は

水、ホップ、イースト、モルト。

この4種類だけ。

これの組み合わせやタイミングで、バナナの香りだったり、ライチの香りだったり、ダークチョコレートの香りまで感じてしまうのです。

他の地ビール屋さんでは、香りづけに色々な物を入れるようですが、ここでは頑固に4種類の原料しか使わないのだとか。

ちょっと考えて、ツアーを作ろうかな? カウボーイの香りのするトレイルを通り、カウボーイの魂が残る町で、色々な店に立ち寄り、こだわりのビールやバーガーを頂く。

カウボーイ気分に浸ってみるのも面白いかもね。

Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

ブログの更新をお知らせいたします。

メールアドレスを入力してください:

bottom of page